リーフレット 事例集ダウンロード 参加事業者一覧 参加事業者一覧

募集要項

はじめに

本コンクールでは、エコドライブ活動に取り組んでいる事業者にご参加いただき、優れた取組を行っている事業者を表彰いたします。コンクールに応募することで、エコドライブ活動のステップアップを目指しましょう。
また、事業者以外にもエコドライブの普及活動に取り組んでいる団体の取組も評価いたします。

主催

公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団

後援(予定)

「エコドライブ普及連絡会」(警察庁、経済産業省、国土交通省、環境省)
「エコドライブ普及推進協議会」

(公社)日本バス協会、(公社)全日本トラック協会、(一社)日本自動車工業会、(一社)日本自動車連盟、(一社)日本自動車販売協会連合会、(一社)日本自動車整備振興会連合会、(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会、(一社)全国個人タクシー協会、(一社)全国自家用自動車協会、(一社)日本自動車運行管理協会、(一社)全国レンタカー協会、(一社)日本中古自動車販売協会連合会、(一社)日本損害保険協会、(一社)日本自動車リース協会連合会、(一財)環境優良車普及機構、(公財)交通エコロジー・モビリティ財団

募集対象

今年度も部門を三つに分けて募集します。
自社の車両を保有する団体を対象とします。

※車両とは、乗用車・トラック・バス・タクシーなどです。

 事業部門(緑ナンバー)  自社の車両を保有(リースを含む)する、
 トラック、バス、タクシーなどの運輸事業者。
 一般部門(白ナンバー)  移動などの業務上で車両を使用している事業者。
 自社の製品等を運搬している場合を含む。
 ユニーク部門  エコドライブに関する独自の取組を実施しているさまざまな主体。

 【対象団体例】
 ・NPO
 ・町内会や自治会等の任意団体
 ・大学のサークル
 ・自動車関連のSNSグループ
 ・その他

 【取組例】
 ・通勤時のエコドライブ
 ・イベントの開催
 ・地域への普及活動
 ・その他

 ※事業部門、一般部門との重複応募も可能です。
 ※不明な点はコンクール事務局窓口までお問い合わせください。

応募費用

無料

応募受付開始

平成30年5月1日(火)

1次審査応募締切日

平成30年7月2日(月)

2次審査受付締切日

平成30年7月31日(火)
※コンクール2次審査の審査票は郵送及び宅配便のみ受付

コンクール審査項目

以下の項目で審査・評価をいたします。

〈事業部門・一般部門〉
取組体制の整備: どのような社内体制(方針、目標、管理体制など)で活動を行っているか
教育の実施: 従業員にどのようなエコドライブの教育・指導を行っているか
燃費管理: どのような仕組みで燃費データを収集・管理しているか
活動成果と評価: どの程度の燃費向上を達成しているか
燃費以外の副次的効果とエコドライブ活動に対する評価をどのように行っているか
継続実績と方策: エコドライブ活動を継続するため、どのような取組を実践しているか


〈ユニーク部門〉
・事業部門・一般部門の審査基準によらず、エコドライブに関する特徴的な取組を評価します。

コンクール審査方法

以下の方法で審査・評価をいたします。

〈事業部門・一般部門〉
1: 1次審査として、審査項目に対して、「はい」か「いいえ」で答えられる簡単な審査を実施する。
2: 1次審査の回答結果に対して採点を実施し、ある一定以上の基準を満たした参加事業者に対し、2次審査への案内を行う。
3: 1次審査通過事業者に対して、2次審査(審査票および付表による書類審査)を実施し、ある一定以上の基準を満たした参加事業者に対し、審査委員会委員やコンクール事務局が訪問審査を実施する。
4: 2次審査の結果を審査委員会に提出し、最終審査および選考を行う


〈ユニーク部門〉
1:コンクールHPより参加登録用紙をダウンロードし、記入の上メールかFAXで送信。
2:コンクール事務局窓口よりお送りする審査応募用紙に記入し、郵送または宅配便にて発送。
3:特徴的な取組をしている団体には、コンクール事務局が訪問審査を実施する。
4:審査委員会にて、最終審査及び選考を行う。

表彰

表彰

表彰式

開催日時: 平成30年11月28日(水) 予定
「エコドライブシンポジウム」の中で国土交通大臣賞、環境大臣賞、優秀賞、審査委員長特別賞を表彰。
開催場所: 内幸町ホール(東京都千代田区)を予定。